記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】球界ご意見番・張本氏、温情派にイメチェン? “ハマの番長”率いるDeNA、楽天・田中将に一刀両断なし (1/2ページ)

 歯に衣着せぬ本音評論で定評のある球界ご意見番・張本勲氏が、温情派にイメチェン? 18日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、開幕から低迷する“ハマの番長”三浦新監督率いるDeNAと、イマイチだった復帰戦の楽天・田中将の双方に執行猶予を与えた。

 新生三浦DeNAに関し、「戦力はあるのに、ピッチャーもっと早く代えないと」と切り出し、次の言葉が注目されたが、完全に肩透かし。「あと10試合は見ないと‥」

 メジャーから8年ぶりの復帰戦で注目を一身に集めた楽天・田中将も、17日の日本ハム戦(東京ドーム)に先発したが5回3失点、被本塁打2と期待外れ。区切りの日本通算100勝目はお預けで国内連勝も28でストップだったが、張本流の一刀両断はなし。「あと2、3回見ないとわからないねえ」と結論を先送りした。

 「気になったのは、中田にしても石井にしても、高めの球をホームランされてるのよ。今までの田中はね、あのボールはグーッと上に伸びた。空振りか、ファウルチップなんだけど、つかまえられているから、まだ本調子じゃないかなと心配しています」と気遣った。

 さらには、日頃はシビアな日本人メジャーリーガーに対してまでも優しくなった印象。「問題は筒香。早く日本へ帰ってこい」と、日本球界復帰を勧めていた。

関連ニュース