記事詳細

鉄棒専念の内村航平、圧巻の大技連発 体操全日本選手権

 体操の東京五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は18日、群馬県の高崎アリーナで男子決勝が行われた。

 五輪個人総合2連覇の内村航平(32)は、東京五輪では個人枠に専念。出場を目指す鉄棒のみを演技し、大技を次々に決めてトップの15.466点を挙げた。「冷静に演技をできていた」と振り返り、今後の選考会に向けて「着地の感覚がまだ練習でも良くない。これから重点的に詰めていければ」と気を引き締めた。