記事詳細

サッカー「欧州スーパーリーグ」前途多難 UEFA猛反発「私利私欲なプロジェクト」

 かねて噂されてきた、サッカーの欧州各国強豪クラブによる「スーパーリーグ」の創設が18日、参加12クラブで合意に至ったと発表された。断固反対の欧州サッカー連盟(UEFA)は、厳しいペナルティーで対抗する姿勢を打ち出し、法廷闘争も辞さない構えだ。

 参加を表明したのは3カ国のビッグクラブ。イングランド1部からはアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムと最多6クラブが名を連ねた。スペイン1部のアトレチコ・マドリード、バルセロナ、レアル・マドリード、イタリア1部のインテル、ミラン、ユベントスも参戦。さらに3クラブが招待され、全15クラブでスタートするという。

 それぞれ国内リーグは脱退せず、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に代わる大会として平日に実施する構想だ。創設15クラブに加え、前シーズンの成績に応じて毎年5クラブが予選を経て参加。8月から2組に分かれてグループリーグを行い、上位8クラブのトーナメント戦で翌年5月末の決勝まで覇権を争う。

 欧州を股にかけた新リーグ構想を主導し、初代トップに就いたのはレアル・マドリードのペレス会長。今後は国際サッカー連盟(FIFA)、UEFAと協議しながら発足を目指すとしているが、両組織とも全面的に反対する声明を出した。

 主催するCLを骨抜きにされる格好のUEFAは、「少数クラブによる閉鎖的で私利私欲なプロジェクト」などと批判。「阻止するため司法とスポーツの両面から、あらゆるレベルで利用可能な手段を使っていく」と強硬姿勢を鮮明に示した。参加クラブや選手は国内、欧州、世界規模のあらゆる大会への出場を禁止され、選手は代表戦にも出られなくするなどの対抗措置を取る方針だ。

関連ニュース