記事詳細

【最先端アマチュアスイング】前へならえスイング テークバックは手の向きをフェースの向きと考える (1/2ページ)

 テークバックでは、前へならえの形を崩さないことが大事です。そのためには、腕を横に動かすのではなく、下半身を使って体の向きを変えていくことが重要なポイントになります。それともうひとつ、テークバックで意識しなければいけないのは、フェースの向きが変わらないようにクラブを上げていくことです。そのためには、前へならえをしている手の向きが変わらないようにすることが大事になってきます。

 なぜなら、手の向きとフェースの向きとはリンクしていて、左手の甲や右手のひらが指している方向は、フェースが向いている方向とほぼ同じだからです。

 つまり、構えたとき左手の甲や右手のひらがターゲット方向を向いていて、その両手の関係が変わらずに体の回転とともに動けばフェースの向きは変わらないということ。それに対し、テークバックの始動で左手の甲や右手のひらが上を向くとフェースが開き、逆に左手の甲や右手のひらが地面方向にねじれるとフェースがかぶった状態になるということです。

 そうならないためにも体を回転させても、腕は前へならえの状態をキープし続けることが重要になってくるのです。

関連ニュース