記事詳細

“絶好調”8連勝の阪神に甲子園開催の危機 緊急事態宣言で吉村府知事「中止か延期すべき」 猛虎がコロナの猛威に振り回される事態に (1/3ページ)

 阪神は20日、巨人との首位攻防第1ラウンドを制し、7年ぶりの8連勝。16年ぶりのリーグVへ開幕から爆走するなか、足元ではコロナ禍が再び猛威をふるっている。本拠地の甲子園球場がある兵庫県は新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからずこの日、政府に対し緊急事態宣言発出要請に向け最終調整に入った。隣接する大阪府の吉村洋文知事(45)は先に正式要請した上で人流抑制のためスポーツイベントを「原則中止か延期すべき」とした。20試合を終えて16勝(4敗)は2リーグ制(1950年)以降では最多。開幕ダッシュに成功した猛虎が、再びコロナに振り回されかねない事態となっている。(山戸英州)

 昨季3勝9敗と鬼門の東京ドームで、宿敵を5本塁打で圧倒した。

 新外国人4人の隔離期間が明け、立場が危うくなっているマルテが、初回と3回に2打席連続アーチで3打点を挙げ、戦前まで1本塁打の4番・大山が2本塁打を含む3安打3打点と大暴れだ。

 先制した試合は15連勝とし、5回4失点の先発・西勇輝に3勝目(1敗)をプレゼント。マルテはヒーローインタビューで、虎党が陣取る左翼席に向かって弓を引く「ラパンパラ」ポーズを見せて喜びを表現した。

 だが、快進撃のチームにいまだ収まる気配がない新型コロナウイルスの脅威が忍び寄ってきた。本拠を構える兵庫県と生活圏が同じ大阪府はこの日、吉村知事が政府に緊急事態宣言発出を要請した。

関連ニュース