記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】J1鹿島フロントの責任問題は…試合を読める選手がみ~んないなくなっちゃった (1/2ページ)

 --憎らしいほど強かったJ1鹿島が弱い…。ザーゴ監督(51)を14日に解任し、OBの相馬直樹コーチ(49)を昇格させました

 清水「鹿島の再建は時間がかかるよ。大変だぜ」

 --後任は強かった時代を知る相馬監督です

 「相馬はザーゴ以前の、これまでの鹿島のやり方に戻すと思う」

 --先制したら確実に勝つ、あのやり方ですね

 「そう。でも、これはDF陣でボールを回しながら試合をつくっていく、ザーゴのやり方とは真逆だからね」

 --相馬監督の就任初戦、17日の徳島戦は1-0の辛勝でした

 「点を取ったら守り抜く、これが鹿島のやり方だった。でもそれはチームの背骨に“試合を読める”選手がいてこそさ」

 --確かにそうです

 「だろ~。DF陣には中田浩や岩政、昌子(現J1・G大阪)、MF陣には小笠原や柴崎。しっかり試合を読める選手がたくさんいたけど、引退や移籍でみ~んないなくなっちゃった」