記事詳細

「欧州スーパーリーグ」構想 批判殺到でイングランド勢が一転撤退

 サッカーの強豪12クラブが創設に合意した欧州スーパーリーグへの参加を表明していたイングランド・プレミアリーグの各クラブが20日、一転して撤退表明した。強い反発を招いた新リーグは、合意発表から2日で早くも骨抜きの様相を呈している。

 不参加を発表したのはマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、マンチェスター・シティー、トットナムで、英メディアによるとチェルシーも撤退するという。創設合意の直後から批判が殺到し、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)は参加クラブの選手をワールドカップ(W杯)など主催大会に出場禁止とする方針を示していた。レアル・マドリードなどスペインの3クラブ、ユベントスなどイタリアの3クラブも創設メンバーとして発表されていた。

関連ニュース