記事詳細

DeNA9連敗の真相 ラミレス前監督“負の遺産”…昨季で選手食い潰し、メジャースタイルも尾を引く (1/2ページ)

 最下位に沈むDeNAは21日の中日戦(横浜)も攻守に精彩を欠き、9連敗(引き分け2試合を挟む)を喫した。就任1年目の三浦大輔監督(47)にいきなりの試練。アレックス・ラミレス前監督(46)の功罪を問う声も球団の内外で上がっている。

 中日先発の勝野に6回まで無安打に抑えられ、7回にオースティンの1号ソロで1点を返すのがやっと。三浦監督は「何とかしようと、いろいろみんなでやっているけど、結果につながらず。また違うことを考えていくしかない」と声を振り絞った。手を尽くしても白星は遠い。早くも借金は「13」に膨らみ、5位中日とのゲーム差も4・5まで広がった。

 新監督は「本当に申し訳なく思っている。勝つためにどうするかだけ」とファンに謝罪。2日前には三原球団代表も、外国人選手の来日が遅れた不手際をわびたばかりだが、チーム低迷の“戦犯”として前監督を指摘する声も少なくない。

 ラミレス前監督の5年間はAクラス3度と球団史上でも屈指の好成績。2016年に10度目の開催となったクライマックスシリーズに初進出し、翌17年には19年ぶりに日本シリーズまで駒を進めた。昨季限りで退任した途端の借金地獄に、「やはりラミレス監督はすごかった」というファンの声は強まっている。

 一方で、チーム内からは真逆の声も聞かれる。ある球団関係者は「ラミレスが選手を全部使い潰してしまった。三浦監督はラミレスの負の遺産に苦しめられている」と同情。19年オフの段階でラミレス監督を退任させる動きがあったが、2位で続投となったことを「あそこで替えておくべきだった。三浦監督は最悪のタイミングでチームを率いることになってしまった」と問題視する。

関連ニュース