記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】打ち終わったあとクラブを立てる 無理に体を回さずクラブ納める動きを (1/2ページ)

 ハーフショットの動きについて、もう少し詳しく話をしましょう。

 左手を自然に垂らし、手のひらの内向きを変えないように左股関節前でグリップしたら(シャフトは右もも前を斜めに横切り、ヘッドはくるぶしの高さ)、第1ステップではここからスタートして打ちます。このとき、体の回転で打てば自然とハンドファーストになります。また、体の動きとしては、インパクト~フォロースルーで左の肩が引き上がり、腰はほぼ回りきった状態になります(写真〔1〕)。

 脇を固めて、手首の位置を変えずに腰を回しますが、ボールが左右に散らばるかもしれません。右に出る人はフェースを閉じる、左に出る人はフェースを開くというようにグリップを調整してください。あくまでも自然な動きの中で、真っすぐ飛ぶ握り方を探すことが大事です。

 さて、ここからが重要なポイントになります。写真〔1〕の後どういう動きになるかわかりますか?

 多くのゴルファーは、ここからさらに体を回そうとするのですが、実は軸を動かさない限り、これ以上、体は回りません。だから無理に体を回そうとせず、クラブを納める動きをすればいいのです。

 そのためには、写真〔1〕では右手が下、左手が上になっていますが、ここから左右の腕の高さを変えます。つまり、右手を上にして左手を下にします(同〔2〕)。そうすると腕の正面でシャフトが立ってきます。その後、ヘッドの上昇に合わせて体を起こせばフィニッシュの形になります。

関連ニュース