記事詳細

【今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!】阿修羅・原さん七回忌 優しくダンディー、とにかく格好いい人だった (1/2ページ)

 阿修羅・原さんの七回忌(4月28日)がやってくる。2015年に故郷・長崎県の病院で肺炎のため亡くなった。68歳だった。

 ラグビーで日本代表、世界選抜に選ばれ、1977年に国際プロレス入り。阿修羅・原のリングネームはラグビーファンの作家・野坂昭如さんの命名だった。その後、全日本プロレス、SWS、WARなどで活躍し94年に引退している。

 WWU世界ジュニアヘビー、IWA世界タッグ、アジアタッグ、PWFタッグ、世界タッグなど多くのタイトルを獲得。天龍源一郎との龍原砲で一世を風靡した。

 とにかく格好いい人だった。ラグビーで大活躍した近鉄時代から人気者。近鉄はラグビー部でも特別待遇はなく、駅勤務や内勤など通常勤務をこなしていたが、女性社員の熱い視線を集めていた。70年代のラグビー会場は大半が男性ファン。それでも数少ない黄色い声援を集めていたのが原進(本名)だった。いわゆるラガーメン体形ではなく、スリムでイケメン。最近で言ったら五郎丸歩だろうか。

 レスラー転身後はウエートアップもあって、分厚くなったが、それでもファンの心をつかんで離さない。優しく優しくダンディーな物腰は、女性だけでなく男性に対しても変わらなかった。

 自由人で風来坊。まるでフーテンの寅さんで、時折、その所在が分からなくなることも…。そんなときは、知り合いの家でのんびりしていた。

 後輩には絶対に金を使わせない。そんな性格のためか、決してぜいたくな生活を送っているわけではないのに、金策に追われているという噂が常について回った。事情を知る者が支払おうとしても、後輩だったら「ここは俺が」と頑として譲らなかった。

関連ニュース