記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】対照的なリーグ首位争い 「伝統の一戦」に沸くセ・リーグと楽天“誤算”でソフトバンク独走気配のパ・リーグ

 セ・リーグは死語になっていた「伝統の一戦」の復活で沸いている。阪神対巨人の首位争い。12球団一、二の人気を誇る両球団のマッチレースはやはり盛り上がる。

 球界はコロナ感染防止で観客動員には頭をを抱えているが、話題性ではこれ以上ない理想的な展開と言えるだろう。

 対照的なのはパ・リーグだ。

 メジャーから楽天に復帰して期待の大きかった田中将が大誤算。故障で本調子にはほど遠い。評論家諸氏は揃って今季もソフトバンクを大本命に推し、そのダークホースとして注目を浴びていたのが楽天。それがソフトバンクに早々と3連敗2分。これでは興味は半減だ。

 もともと楽天は「ソフトバンクに勝てない」というレッテルを貼られていた。今季もその通りの展開になってしまった。ファン、関係者の鼻息が荒かったシーズンだけに、その反動としての失望も大きい。

 波乱なしのソフトバンク天下では、パ・リーグに盛り上がる材料は見当たらない。田中の復活と、楽天の逆襲をひたすら願うしかないだろう。(江尻良文)

関連ニュース