記事詳細

錦織圭、“赤土の王者”ナダルに敗れる 1セット奪うも「いいプレーが2セット続かない」 男子テニス・バルセロナOP

 男子テニスのバルセロナ・オープンは22日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク39位の錦織圭(31)は同3位で第1シードのラファエル・ナダル(34)=スペイン=に0-6、6-2、2-6で敗れ、ベスト8を逃した。

 重くスピンの効いた球に苦しめられたが、第2セットはナダルをコートの外に追い出す攻撃的なプレーで逆襲。第3セットもサーブを破るチャンスがあったが活かせなかった。試合時間は2時間19分。通算成績は錦織の2勝12敗。

 “赤土の王者”から1セットを奪ったのは収穫だったが、錦織は「いいプレーが2セット続かない」ともどかしさを口にした。ナダルは「錦織は素晴らしい選手で、第2セット以降はレベルを上げてきた。タフな試合だった。錦織が最後の2セットのようなプレーをできることは誰もが知っている」と振り返った。

 錦織は次週のエストリル・オープンへの出場を決めた。

関連ニュース