記事詳細

「巨人の捕手は打ってナンボ」を証明、大城が決勝2ラン 「菅野さんに怒られるので」 指揮官もホクホク顔 (1/2ページ)

 やはり巨人の捕手は打ってナンボだ。巨人は23日の広島戦(東京ドーム)で大城卓三捕手(28)の決勝2号2ランで3連勝。「打たないと菅野さんに怒られるので、打ててよかった。次以降も打てるように頑張りたい」と開幕戦(3月26日のDeNA戦)以来の一発に、ホッとした表情を浮かべた。

 これには原辰徳監督(62)も「8番だから、気が楽だったんですかね。まぁ8番にああいう打撃をされると、チームとしては非常にありがたい」とホクホク顔で振り返った。さらに続けて、「彼の特徴は、打てるのが1つの武器。ひたむきにやってる捕手という部分でも優れてはいるけど、やはり打撃というのはあるわけでね。今日はいいものが出ましたね」と評価した。

 チームはここ11試合で9勝1敗1分としたが、唯一の黒星を喫した20日、阪神に本塁打5発を浴び、原監督は「クリーンアップに4本も5本も打たれているようじゃ、バッテリーコーチは何をしているんだということですよね」と大目玉。やり玉に挙げられた相川バッテリーコーチはもちろん、大城も真っ青になる事態となった。

関連ニュース