記事詳細

「絶対許さん!」球界共通の敵は…大阪・吉村府知事? スポーツイベントは原則「無観客か延期」と発言、長期間続くと経営危機に陥る球団は多い (1/2ページ)

 日本野球機構(NPB)と12球団は、緊急事態宣言の対象となった東京都と近畿3府県で開催される試合を、27日から来月11日まで無観客で開催する苦渋の決断に至った。球場に観客が入れられなければ興行は成り立たず、巨人とヤクルトの在京2球団は期間中の全試合の延期を望んだが、全日程が消化できなくなる懸念もあり計5試合の延期で妥結した。

 緊急事態宣言の対象地域は、無観客試合で決着をみたプロ野球の臨時実行委員会。当初は23日で話をまとめる予定だったが、紛糾したため24日も継続協議となった。

 会議前からパ・リーグ6球団は、無観客もやむなしの姿勢で一致。関係者は「対象球団は大阪のオリックスだけ。集客も他球団と比べて多くないし、『だったら政府に全面協力しよう』と。下手に意見して今後、自球団の地域に宣言が発出された場合、不利にならないよう静観した側面もあった」と明かす。

 一方でセ・リーグは、巨人、ヤクルトの期間中全試合の延期を求める案に、屋外球場が本拠地の一部球団が強硬に反対した。全試合を延期した仮日程を組んだ結果、シーズン最終戦がクライマックスシリーズ初戦の前日までかかることが判明。すでに雨天中止が2試合ある阪神は日程の消化を優先し、全試合の無観客開催を受け入れた。

関連ニュース