記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】期待通りの大物ルーキーたちで盛り上がる「新人王」レース ドラフト会議で注目された“ビッグ3”活躍

 期待通りの大物ルーキーたち。阪神・佐藤輝明(近大)、広島・栗林良吏(トヨタ自動車)、楽天・早川隆久(早大)と、ドラフト会議で注目されたビッグ3が活躍。今季は新人王レースが盛り上がる。

 キャンプ、オープン戦で最大の注目を集めた阪神・佐藤。ペナントレースに入っても、16年ぶりの優勝のキーマンとして活躍。ファン、マスコミの注目度ナンバーワンの座を譲らない。

 「佐藤の実力は本物だ。人気先行で評判倒れに終わることはない」。各球団のスカウトたちが口をそろえたが、外交辞令ではなかった。阪神16年ぶりのV奪回の救世主として評価はうなぎのぼりだ。

 社会人野球界で即戦力投手ナンバーワンとして注目された栗林(トヨタ自動車)は、広島入りしたことでベストの結果になっている。

 「先発で使うか、抑えに起用するか。どちらがベストか」

 佐々岡監督はじめ広島首脳が熟慮。その結果、抑えに起用したことが結果につながった。適材適所の配置は、広島首脳陣の得意とするところ。阪神・佐藤対広島・栗林の新人王レースは、最後の最後までファンが注視する熱い戦いになるだろう。

 パ・リーグにも注目だ。

 ドラフト会議でヤクルト、楽天、西武、ロッテぼ4球団が競合、楽天入りした大学球界ナンバーワンの早大左腕・早川。3年秋の日米大学野球選手権大会で最優秀投手受賞で評価が急上昇した。

 楽天でも前評判どおりの活躍で、早々とローテーション入りして白星を積み重ねている。

 「早川は本当に1年目の投手とは思えないよ」と、石井GM兼任監督から絶賛されている。

 大物ルーキーたちの活躍は、ペナントレースを盛り上げる最大の特効薬になる。

(江尻 良文)

関連ニュース