記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】松山英樹選手を見習って“笑顔”でスコアアップ クラブ選択などマネジメント豊かになり集中力も高まる

 マスターズで見事頂点に立った松山英樹選手。これまでの試合では見られなかった“笑顔”が優勝への大きな要因になったという話を前号でお伝えしました。

 笑顔効果というのは医学的にも実証されていて、ざっと挙げるだけでも「免疫力が高まる」「脳が活性化する」「ストレス解消」「メンタルを整える」などがあり、ゴルフにおいては、クラブ選択や各ホールの攻略などマネジメントが豊かになり集中力も高まります。

 今回のマスターズで、松山選手はその笑顔を絶やすことはありませんでした。

 早藤将太キャディーとのコミュニケーションがとても良くて、ミスをしても悔しがるとか、顔が引きつるといったようなことはなく、心の波が常に穏やかに感じられ、早藤キャディーとともに笑顔で会話をしている姿が印象的でした。

 それを見た瞬間、松山選手は“笑顔”という武器を身につけたなと感じたのです。その笑顔が自然に出たものか、それとも作っていたものかはわかりませんが、私は意識的に作っていたように思います。

 キャディーやコーチ、トレーナーやメーカー担当など、チームヒデキに対する信頼感がその笑顔を生んだのかもしれませんが、勝つために必要な要素として、彼自身が自ら習得したのではないかとも思っています。

 もし一般ゴルファーの皆さんが、松山選手に少しでも近づきたいと思うのなら、ぜひ、この笑顔を見習ってください。

 「ミスの連発」「スコアで大叩き」「同伴競技者にイラッとした」など、何が起こっても常に笑顔を絶やさないことを意識してプレーしてみてください。そうすればいつもより5打くらいはスコアアップするかもしれませんよ。

関連ニュース