記事詳細

J1浦和、酒井宏樹獲りの思惑 五輪OA候補、2012年シーズン以来9季ぶりの復帰

 J1浦和がフランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(31)に正式に獲得オファーを出し、大筋合意に至っていることが10日、関係者への取材で分かった。原則24歳以下で戦う東京五輪でのオーバーエージ(OA)枠の有力候補にも挙がるベテランが、柏に在籍した2012年シーズン以来、9季ぶりのJリーグ復帰となる。

 酒井は12年途中に柏からハノーバー(ドイツ)へ移籍し、16年からマルセイユでプレーしてきた。正確なクロスなど攻撃力が持ち味のサイドバックで、14、18年のW杯日本代表にも選出。近年リーグ戦での低迷が続く浦和は、ロドリゲス新監督を迎えて立て直しを目指すなか、経験豊富な守備の要を補強して戦力の大幅アップを図る。