記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】楽天・石井監督の大親友「岸くん」「涌井くん」 月間MVPに完封勝利…2人の男気

 楽天の岸孝之投手(36)は4月6日に2勝目を挙げて以来、勝ち星がありません。今月は4日のソフトバンク戦で3回5失点KO。11日の西武戦は、このカードでまだ勝てていない西武打線が必死に食らい付いてくるなか、5回3失点とどうにか試合を作りました。

 楽天投手陣では、なんといってもメジャー帰りの田中将大投手(32)に注目が集まりますが、私はこの岸投手、そして涌井秀章投手(34)の働きに期待しています。ご存知の方も多いと思いますが、この両投手と石井一久監督(47)は大親友です。

 石井監督が西武でプレーしていた頃は、お互いのことを年齢差関係なしに「岸くん」「涌井くん」「一久くん」とくん付けで呼び合い、ジャニーズみたいだなと思ったものです(笑)。当時の彼らは1月の自主トレに時折、神宮の室内練習場を使っていて、私はドーナツやフライドチキンを差し入れたりしていたのですが、いつも和気藹々(あいあい)とした空気でした。

 そんな敬愛する先輩が監督になった今年、岸投手はシーズン前に「やっぱり今までの監督とは違う不思議な感覚ですね」と話してくれました。嬉しさもあり、また戸惑いもあるのか。いずれにしても岸、涌井両投手が「監督を男に!」と意気込んで臨んでいるのは間違いないし、事実、涌井投手は3-4月の月間MVPを受賞。岸投手も今季初先発となった3月30日の千葉ロッテ戦では見事、完封勝利を収めました。

 ただ岸投手、涌井投手ともそれなりの年齢。ここからは想像ですが、フルスロットルで開幕すれば、やがて疲れも出るでしょう。今がちょうどその時期なのかなと。時代錯誤かもしれませんが、浪花節的なストーリーが大好きな私は2人が石井監督を胴上げする姿を楽しみにしてしています。(フリーアナウンサー・松本秀夫)

関連ニュース