記事詳細

エンゼルス大谷、9回2死の逆転弾でトップタイ12号 パワーと勝負強さに敵地のファンも驚愕「今季最も価値あるホームラン」 (1/3ページ)

 エンゼルスの大谷翔平(26)は16日(日本時間17日)、敵地でのレッドソックス戦に「3番・指名打者」で出場。4-5とリードされた9回2死一塁で、右翼に起死回生の12号逆転2点本塁打を放った。メジャートップタイに並び、チームは6-5で勝利。ドラマチックな一発で、連敗を4(同シリーズ2)でストップした。大谷のパワーと勝負強さに敵地のファンも驚愕した。

 

 1点をリードされた9回は2死となり、配色濃厚。相手投手、今季9セーブをあげているクローザーのマット・バーンズのボールには切れがあった。

 この日、大谷と打順が入れ替わって2番に入ったトラウトは、18打数無安打と極端な不振。敵地ボストンのスタンドも勝利を確信したが、ここからドラマが始まった。

 トラウトの打球は当たり損ねで、フラフラと上がったが、右翼手、中堅手、二塁手の間にポトリと落ちるポテンヒットとなって、大谷にこの日5回目の打席が回ってきた。

 初球だった。大谷はバーンズの投じた97マイル(156キロ)の内角寄りの速球を強振。打球は右翼線に上がり、ポールを巻いてスタンドに消えた。極端に距離の短い右翼際に打ち込むフェンウエイパーク特有の本塁打となった。

 中継の地元テレビはあまりのショックに「ペスキーポール(同球場の右翼ポールの通称)の内側を通過してしまった。オーマイグッドネス(なんてこった)」。