記事詳細

【最先端アマチュアスイング】前へならえスイング バックスイングでは右股関節に体重を乗せる (1/2ページ)

 「前へならえ」で正しいスイングの動きを覚えるレッスン。今回は、バックスイングにおける下半身の動きについてお教えしましょう。

 下半身に関しては、バックスイングでは右足を軸に回していくというのが基本です。具体的には、アドレスでツマ先寄りに掛かっていた右足の体重をカカト方向に移動させながら、その右足を軸にして体を右に回していきます。

 そして、下半身が回りきった時点で、上半身が右股関節の上でしっかり真っすぐ立っているというのが理想です。右足に体重がしっかりと乗り、右足、右股関節、頭が直線的にそろっている状態になっていることが大事です。

 下半身をこのように動かすことによって体がしっかり右を向き、前へならえの向きが狂ったり、腕がねじれてしまうということを防ぐことができます。

 下半身の動きをマスターしたら、次に腕を前に突き出して、前へならえのまま右を向く練習をしましょう。下半身の正しい動きができていれば、バックスイングで前へならえの形が崩れることもありません。

 この動きをチェックするのに最適なのがクラブを2本持ってバックスイングをするドリルです。写真〔1〕〔2〕のようにクラブを2本持って前へならえをして、下半身の動きを意識しながらバックスイングをします。2本のクラブの間隔や、角度(地面に対して垂直)を変えずに最終地点までいくことができたら、正しい動きをしている証拠です。