記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】左腕は左胸の側面をこするように右斜め上に上げる (1/2ページ)

 「両ワキ固定のグリップ」でクラブを握り、みぞおちを回すイメージで体を動かせば、自然と手首はコックされます。そして、体が回ると同時に腕の高さも上下して、テコのように右手の下に左手が潜り込む形になります。

 このとき、左腕は自分から見て右斜め上に上がっていきます。

 これに関しても、自然とこうなります。実際にやってみるとわかりますが、左腕は右横に動かしても、また、正面に動かしても上には上がりません。唯一上がる方向が右斜め上(45度前後)。左胸の側面をこするようにして上げれば、体の動きと連動してスムーズに上がります。

 上がる場所をイメージしにくい人は、写真〔1〕〔2〕のように両手を広げてクラブの両端を体の右横で持ち、体を回してみてください。そうすると勝手に左腕が上がりますが、それが正しい上がり方。この位置に上がると、ワキが締まっている感覚もアドレスのときとほとんど変わりません。

 もうひとつ、「テークバックの始動でクラブをどう動かすのが正しいのか」で悩んでいるゴルファーも多いようなので説明しておきましょう。

 よく言われるように、最初の30センチは真っすぐ動かしたほうがいいのか、それともインサイドに引くのか、アウトサイドに上げるのか?

関連ニュース