記事詳細

【小西綾子のゴルフLIVE byスカイA】受かって涙、落ちて涙…合格率3.3%、プロテストは本当に厳しい!

 プロゴルファーにとって2度と受けたくないもの。それがプロテスト。1年に1度のチャンス、600人以上が受験し、合格は20位タイまでという超難関。現在JLPGAではコロナの影響で延期になっていた2020年度プロテストの真っただ中です。受かって涙、落ちて涙。19年、4度目の挑戦で合格をつかんだ宮田成華選手(23)にプロテストを振り返ってもらいました。

 「本当に辛かった。あれ以上緊張する試合だったり、やりたくない試合は他にないです」。

 1度目の挑戦の時はQTに向けて気持ちを切り替えられた。2度目はショックで3日間家から一歩も出られなかった。3度目はテストの1週間前からご飯が食べられなくなった…。

 そして4度目の挑戦。「制度変更があり今後はプロテストに受からなければツアーに出られなくなるので、無職になってしまう。これで受からなかったらやめどきなのかな…とも思いました」。

 背水の陣で臨んだ4日間は、なんと最終ホールのバーディーで滑り込み合格! 「最終日前半に40をたたいてしまってハーフターンで泣きました。でも後半は粘って最終ホール。このパットを外したら間違いなく落ちる。手が震えました。合格がわかったときは…大号泣でした」。1打で人生が変わったかもしれない日。極限状態を乗り切り、ようやくJLPGA正会員の称号を手にしたのでした。

 そして今季、宮田選手はここまで数少ない出場機会で結果を残し、第2回リランキングまでのレギュラーツアー出場権をつかみました! 今季の目標は「優勝争いをすること。そしてシード権獲得!」。

 そういえばあの岡本綾子プロですらプロテストは一発合格じゃなかったんですよ。プロテストって本当に大変! 本当に厳しい!!

 ■小西綾子(こにし・あやこ) 2012年からスカイAゴルフ中継のLPGAステップ・アップ・ツアー中継のレポーターに。現在はレギュラーツアー、レジェンズツアーなども担当。実況、レポーターを務める。

 ■『スカイAゴルフLIVE』は、LPGAステップ・アップ・ツアー全大会独占配信やレッスン番組などゴルフコンテンツが楽しめる動画配信サイトです!(月額1000円など)

関連ニュース