記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】石坂友宏 アマチュアゴルファーは体重移動をうまくやろう 体重を股関節に乗せればスエーしない (1/2ページ)

 スイングにおける体重移動に関しては、いろいろな考え方があると思いますが、僕は絶対にやるべきだと思います。特に、アマチュアゴルファーは体重移動をもう少しうまくやったほうがいいと思います。

 よく見られるのは、テークバックで右に移動しているものの、ダウンスイング~インパクトで左に移動していないパターン。このようなことをしていては、エネルギーをタメることはできても、それをボールに伝えることはできません。

 僕自身が意識しているのは、テークバックのときに6対4(7対3でもOK)になるくらい右に移し、インパクト~フォロースルーで同じく6対4(同7対3)になるように左に乗せること。そうすることでボールにしっかり力を伝えることができます。

 中には「スエーをしたくないので、できるだけ体重移動を抑えたい」という人もいますが、体重移動とスエーは全く違うもの。普通に体重移動をしていれば、スエーになることはありません。

 その違いがよくわからないという人は、テークバックでは右股関節に体重を乗せる=写真(1)=イメージでクラブを振り上げ、ダウンスイング~フォロースルーでは、左股関節に体重を乗せる=同(2)=つもりでクラブを振ってください。そうすれば、軸がブレることはないので、体は流れず、しっかり体重移動をすることができます。

関連ニュース