記事詳細

【小西綾子のゴルフLIVE byスカイA】雨を味方に逆転V、岸部桃子プロ 16位タイからスコア伸ばし5年ぶりの優勝へ

 「ここで勝った選手はレギュラーツアーでも自信をもって戦ってほしい」

 ツアー屈指の難コースを舞台に開催された今年の「ツインフィールズレディーストーナメント」(石川県)。最終日(5月21日)、16位タイからスコアを伸ばした岸部桃子選手(27)が3人でのプレーオフを制し、大逆転で5年ぶりの優勝を飾りました!

 「6打差あったんですよ?! 私なんて、悪天候だしスコアを落とさないようにしようとしか考えなかった。でも今日の”ももち”(岸部選手の愛称)を見たら、これからどんなことがあっても諦めずに上を見て戦おうって思いました!」と興奮気味に話してくれたのは、18番グリーンサイドでいの一番に岸部選手を迎えた井上りこ選手(28)です。

 大会3日間はずっと雨。しかも最終日の午前は土砂降りで、井上選手のような考えの選手は少なくなかったはず。ですが岸部選手は違いました。「伸ばせばチャンスはある」。ではなぜ岸部選手は伸ばせると思えたのでしょう?

 「今回は大会前から雨だとわかっていたので、コーチと相談して7Wのかわりに初めて4Uを入れて臨んだんです」。

 コーチに詳しく聞いてみました。「雨でランが出ない=セカンドショットは距離が残る。大きなクラブが非常に大事になってくる。7Wと4Uは距離は変わらないがレインウエアを着ることも想定すると少しでも短いクラブの方がいいし、4Uの方がラインを出しやすい」。

 結果、4Uで獲ったバーディーも多く、プレーオフでも4Uのショットが優勝に結びつきました!

 優勝インタビューでは初優勝から5年という時間を振り返り、「もう勝てないのかなとすら思った」と涙した岸部選手。戦略と精神力でつかんだ2勝目は、間違いなく、もがき苦しみながらもレベルアップしてきた証ですね!

 ■小西綾子(こにし・あやこ) 2012年からスカイAゴルフ中継のLPGAステップ・アップ・ツアー中継のレポーターに。現在はレギュラーツアー、レジェンズツアーなども担当。実況、レポーターを務める。

 『スカイAゴルフLIVE』は、LPGAステップ・アップ・ツアー全大会独占配信やレッスン番組などゴルフコンテンツが楽しめる動画配信サイトです!(月額1000円など)

関連ニュース