記事詳細

五輪選手団ワクチン接種、なぜかピリピリムードで開始 完了の競技団体「明らかにはできません」

 東京五輪に参加する日本選手団へのワクチン接種が1日、東京都内でスタートした。この日は6つの競技団体と選手団本部の、約200人が国際オリンピック委員会(IOC)提供の米・ファイザー社のワクチンを接種した。

 東京五輪・福井烈選手団長(63)は「国民の皆さまの接種体制とは別体制で行われています、接種する、しないはご本人の意思を尊重します」と説明。「ワクチンの確保も別枠ですし、(打ち手も)競技団体のチームドクターにお願いしています」と付け加えた。

 接種した競技団体について尾縣貢総監督(61)は「明らかにはできません。個人情報などいろいろとございますので勘弁していただきたい」と隠すなど、なぜかピリピリムードだった。

関連ニュース