記事詳細

慶大1年・清原Jr.はスターになれるか 父の前で神宮デビュー、堀井監督「雰囲気がある。来年ベンチ入りする可能性も」 (1/3ページ)

 西武などで活躍した清原和博氏(53)の長男で慶大1年の清原正吾内野手(18)が2日、東京六大学野球フレッシュトーナメントの東大戦(神宮)に代打で初出場。2試合連続でスタンドから見守った父の前で右飛に倒れた。中学から野球を離れ6年間のブランクがあるが、慶大の堀井哲也監督(59)は入部4カ月で急成長を遂げた打撃センスを高く評価。来年の春季リーグ戦からのベンチ入りも夢ではなくなってきた。(塚沢健太郎)

 待ちに待った神宮デビュー。慶大ベンチ上の一塁側スタンド6列目に陣取った父は、愛息が右打席に入った瞬間、祈るように両手を組んだ。

 7回1死走者なしの場面で代打で登場した正吾の構えは、父の現役時代を彷彿させるもの。東大の左腕小島の外角119キロを右中間に弾き返すと、右翼手にキャッチされて惜しくも初安打とはならず。それでも父譲りの広角に打つバットコントロールを見せつけ、ベンチに戻る際には大きな拍手がわき起こった。

 正吾は「一発で仕留めることができず、悔しいです。次のチャンスに向けて、しっかりと準備したいです」とコメントを発表。報道陣が清原氏に感想を求めると、前回観戦の早大戦(5月31日)に続き、おつきの男性が「今日はごめんなさい」と制したが、写真撮影やサインを求めるファンには応じる場面もあった。

 現状は通算525本塁打のスーパースターの2世選手という毛並みのよさで脚光を浴びる正吾だが、打者としての掛け値なしの評価はどうなのか。ネット裏で観戦した慶大・堀井監督は「(打席で)雰囲気がある。それは本当にビックリした。2月に入ってきて、3、4、5月の4カ月で相当な進歩をしている」と急成長ぶりを明かす。

関連ニュース