記事詳細

山口俊の日本復帰、巨人以外は無反応のワケ「年俸が高い。素行の問題もあったし…」

 米大リーグのジャイアンツが3Aの山口俊投手(33)を2日に放出したことを発表。今季の山口は、ブルージェイズをキャンプ直前に戦力外となり、2月21日にジ軍へ移籍。3Aの5試合で0勝3敗、防御率6・17に終わり、自身のインスタグラムに「夢を追ってメジャーに挑戦しましたが、力及ばずシーズン途中での帰国となります」と決断したことを投稿した。

 巨人の大塚淳弘球団副代表は3日、「日本も何球団か動いているんじゃないですか。先発もできるし、後ろ(救援)もできる。うちは今、両方とも足りない」と獲得に乗り出すことを明言。ところが、どこの球団も駒不足に苦しみ、計算できる投手は欲しいはずなのに、なぜか今のところ、名乗りを上げているのは巨人しかない。

 ある在京球団の編成担当は「年俸が高いから手を出せない。それに、前に素行の問題もあったし、動くのは巨人しかないでしょう」と冷ややかな反応。

 以前在籍したDeNAはチーム防御率が12球団唯一の4点台となる4・72の惨状だが、「FAで出ていって、しかもケンカ別れのような形だったから、うちが獲ることはない。ポスティングの筒香とは訳が違う」(球団関係者)と願い下げだ。

 巨人は4日の日本ハム戦(東京ドーム)に6-0で快勝も、今季初先発でメルセデスが6回にマウンド上で、左足太もも裏に痛みを訴え降板。菅野がこの日に合流し、1カ月ぶりに復帰も、投手陣は不安定。山口が帰国しても、隔離期間などもあり、すぐに試合で起用することはできないが、加入が待たれるところだろう。(塚沢健太郎)

関連ニュース