記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】スイングはカウボーイの投げ縄を回すイメージで (1/2ページ)

 ゴルフのスイングは、「上げたクラブを振り下ろす」というイメージを持っている人が多いと思いますが、実際の動きとしては、カウボーイが投げ縄を回す動きと似ています。

 “投げ縄を回す”といってもピンとこない人もいるかもしれませんが、頭の上で縄をクルクル回す動作で、今の人には、新体操の選手が棒の先に付いたリボンをクルクル回す動作と言ったほうがわかりやすいかもしれません(写真〔1〕~〔3〕)。

 そして、投げ縄やリボンは頭の上で円を描くように回しているわけですが、これをオンプレーンで回すのがゴルフのスイングと思っていいでしょう。クラブもこのように動かすことができれば、オンプレーン上にきれいに下りてきて、再現性の高い動きになるということです。

 このように言葉にすると当たり前のことを言っているように思われるでしょうが、投げ縄を回すようにクラブを動かしている人はごくわずかです。ほとんどの人がクラブを持つと、ヘッドを直接ボールにぶつけるような動きになっていて、これがミスの原因になっているのです。