記事詳細

【今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!】引退後のプラン進めていた矢先に…「伝説の男」三沢光晴さん十三回忌 (1/2ページ)

 「伝説の男」三沢光晴さんの十三回忌(6月13日)がやってくる。2009年、広島から届いた悲報に日本中が悲嘆にくれた。リング上で試合中に倒れ、そのまま逝ってしまった。46歳だった。

 三沢さんは1981年に全日本プロレス入り。二代目タイガーマスクに変身し、素顔に戻るとエースに君臨した。2000年にはノアを設立し、社長レスラーとして文字通りの陣頭指揮で頑張っていた。一時期は新日本プロレスをしのぎ、ノアを業界の盟主に押し上げている。

 28年間のレスラー生活に加え、社長業の苦労が、その体を蝕んでいたのだろう。亡くなる1カ月ほど前の最後の会話は「大丈夫なの?」「ああ」だったことを、鮮明に思い出す。

 いつもは「何しに来たの?」と先制パンチを繰り出してくるのに、控室の椅子に座りこんだまま、何を聞いても生返事を繰り返すばかりだった。

 その1年ほど前から、参謀だった仲田龍リングアナウンサー(14年死去)と、引退後の楽しいプランを語り合っていた。「ノアビル」を建てる。ジムに居酒屋…。引退したレスラー仲間と、トークとお酒と下ネタを楽しむ。土地探しやビルの設計図など話は進んでいた。今、思えば、体が限界に近づいていることを自覚していたのではないだろうか。

関連ニュース