記事詳細

【ダッグアウトの裏側】引退表明のレ軍・ペドロイアは「9回まで見たい選手」 ハッスルプレー、フルスイングでファン魅了 (1/2ページ)

 初めて筆者にア・リーグMVPの投票権が与えられたのは2008年だった。全米野球記者協会(BBWAA)のメンバーの中から28人だけの大役。熟慮の末、投票用紙の一番上に書いたのがレッドソックスのダスティン・ペドロイア二塁手(37)だった。

 「ボストン・レッドソックスが自分にとってはすべてだった。最高のファンの前で毎試合、勝利に貢献できるようにプレーしてきた」と現役引退を表明したのは今年2月。引退セレモニーが今月25日(日本時間26日)のヤンキース戦前に催されることになった。

 右投げ右打ちのペドロイアは04年ドラフト2巡目でレ軍に入団。06年にメジャー昇格を果たし、07年に新人王、08年には213安打を放ちリーグMVPを受賞した。07、13、18年のワールドシリーズ制覇に貢献。球宴とゴールドグラブ賞に4度ずつ選出された。

 身長175センチと小柄ながら、いつもユニホームが汚れているハッスルプレーが持ち味。打撃でも、体がねじ切れそうなフルスイングでファンを魅了した。通算1512試合出場で打率・299(1805安打)、140本塁打、138盗塁、725打点。同僚だった主砲のデービッド・オルティスは、こう賛辞を贈っている。

 「チケットを買って9回まで見たい選手を問われたら、ダスティン・ペドロイアと答えるよ」

関連ニュース