記事詳細

ドラフト評価から大変動、高卒2年目3投手 頭脳的投球覚えたロッテ・佐々木、まだまだ“未完”のヤクルト・奥川、“大化け”すでに6勝のオリ・宮城 (1/3ページ)

 ロッテ・佐々木朗希投手(19)が10日のヤクルト戦(ZOZOマリン)でプロ3度目の先発。プロ最速となる155キロをマークするなど6回93球を投げ4安打、1失点の好投も勝敗はつかなかった。この3日間で、同じ高卒ドラフト1位入団2年目のヤクルト・奥川恭伸投手(20)、オリックス・宮城大弥投手(19)が連日登板。同期3投手の評価は、プロの世界にもまれた短期間で激しく変動している。(塚沢健太郎)

 岩手・大船渡高時代の最速163キロには遠く及ばなくても、安定した投球を見せつけた。村上に151キロを右中間最深部まで運ばれ、1軍戦初被弾の洗礼を浴びたものの失点はこの場面だけ。「この1点で粘れたらなと思った。試合をつくることを優先して投げた」と最少失点でしのいだ。

 捕手のサインに何度も首を振り、「相手が直球を待っている中で、変化球をいいところに投げられた」と頭脳的な投球術も披露。打線の援護に恵まれず勝利こそつかなかったが、プロ入り後一番の内容だった。

 ヤクルト・高津監督は「すごく球に力があるし、そんなに(制球が)荒れることがないので、結構まとまった投手だなと思いました」と評価。イースタン・リーグでも対戦経験があり、球筋などはわかっていた。「対策はしっかり練って打席には立ったんですけどね」。得点圏まで走者が進んでも打ちあぐね、攻略には至らなかった。

関連ニュース