記事詳細

【小西綾子のゴルフLIVE byスカイA】山路晶プロ“らしさ全開”のホールインワン×2 (1/2ページ)

 5月末の「リゾートトラストレディス」(愛知県)、大会2日目に山路晶選手(22)がホールインワンを2度達成しました! 同一ラウンドで2度はツアー初の快挙。「最終日だったらよかったのに!」とため息が漏れたクラブハウス。というのも最終日には全てのPAR3に800万円のホールインワン賞がかけられていたからです!

 では本人の様子はというと。同組でプレーした藤田光里選手(26)に聞くと、「1度目は、やったぁ! でも最終日じゃなくて残念! という感じだった」そうですが、「2度目の時は、うわっ。帰り道には気をつけなきゃ! という反応で思わず笑っちゃいました!」とのこと。しかも2度目もピン筋にいっていて、「また入るんじゃないの?」という声も出ていたのに、当の山路選手はティーを拾っていて一度目線を切っていたのだとか!(笑)。

 さらに驚くのは、実測172ヤードを7番アイアンでカップに沈めたという事実! 手前は池、奥はバンカー。それを避けたところで難しいパットが残るというこの日の最難関ホール。ユーティリティーを使った選手も多かったなかで山路選手は7番アイアン。手前から2ヤード転がってのカップインだったと聞いて度肝を抜かれました。

関連ニュース