記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】ペ・ヒギョン 体重移動は「左足ツマ先が開かないように」 (1/2ページ)

 アマチュアゴルファーを見ていていつも気になるのは、体重移動がきちんとできていないことです。

 ほとんどの人が、写真〔1〕のように、インパクト後、左足のツマ先がめくれてターゲット方向に向いてしまっているのですが、これは、重心が後ろ(右サイド)に残っている証拠です。

 おそらく、遠くへ飛ばしたいという気持ちが強すぎて、上半身が動きすぎ、うまく体重移動ができていないのだと思いますが、左サイドに体重が乗らないと遠くへ飛ばすことはできません。

 それだけでなく、これだけ下半身が動くと、タイミングを合わせるのも難しくなるのでミスショットが増えます。また、スイング軌道も安定しないので、大きなミスになることも少なくないでしょう。

 このようなミスを防ぐためにも、まずは左足がめくれ上がらないように意識することが大事です(同〔2〕)。

 テークバックで右足に乗せた体重を、ダウンスイングでしっかり左足に移す。そして、左サイドで体が左に流れるのを我慢して腰を切り上げるように回していけば、芯に当たる確率も高くなるし、ボールにしっかりエネルギーが伝わって、その人にとっては最高の飛距離が出ます。

 たとえミスショットをしたとしても、ちょっとした狂いになるだけで大ケガにはならないはずです。

関連ニュース