記事詳細

【菅原大地のサイコースイング】最初に左ヒザを動かせば「下半身主導」になる ポイントはテークバックの始動 (1/2ページ)

 大きな飛距離を実現したいと思ったら、下半身主導のスイングをしなければいけません。問題は、どうすれば下半身主導のスイングになるかということですが、ポイントはテークバックの始動です。

 多くのゴルファーは、静止状態から上半身を動かすことによってスイングをスタートしていますが、最初に動かすのは左ヒザです。ヒザと骨盤の向きは連動しているので、左ヒザを内側前に入れていくことで、おへそも右を向き、腰も右に回っていくからです。

 そして、切り返しからダウンスイングでは、左足をしっかり踏み、そのあと地面を蹴るように左ヒザを伸ばします。そうすると、その力に左腰が押されて左に回るようになり、その結果、懐にスペースができるので、手をしっかり下ろすことができます。

 このことからも分かるように、足の動きだけで、腰は回るようになっているのです。

 ヒザの動きに関しては、両ヒザを交互に前に出し、もう一方のヒザは伸ばすというトレーニングで確認しましょう。左ヒザを前に出したときは骨盤が右を向き、右ヒザを前に出したときは骨盤が左を向くことを意識しながらヒザを動かすことで、正しいヒザの動きが身に付きます。

 また、テークバックとダウンスイングでは、左右にスエーしないように注意することも大切です。

関連ニュース