記事詳細

笹生優花、自撮り&焼き肉店から“珍会見” 「ご飯食べていいですか?」の仰天発言も

 全米女子オープンを制した笹生優花(19)が14日、ロサンゼルスから自撮りでリモート優勝会見を行った。

 開始から10分ほど経過してテレビの代表質問が終わると、「ご飯食べていいですか?」と仰天発言。女子プロゴルフ協会(JLPGA)の広報に「後にしてください」と制される一幕も。実は笹生が会見していたのは車内で、焼き肉店の駐車場に停めていたのだ。優勝トロフィーを車の中に置いて外に出ると、父正和さんらが待っていた。

 次戦は24日開幕の全米女子プロで、8月の東京五輪にはフィリピン代表で参戦。五輪後は同19日開幕の「全英女子オープン」が大きな目標となるが、こちらに出ると昨年優勝した国内2大会、同13日開幕の「NEC軽井沢72」と同26日開幕の「ニトリレディス」の出場は難しくなる。

 スポンサーへの配慮から前回大会優勝者は出場が義務付けられており、米ツアー転戦で5月の「サロンパス杯」を欠場した渋野日向子(22)は罰金100万円が課せられた。海外メジャー大会に出るためなら免除されるが、そもそも「笹生さんはシード選手ではないので罰金はありません」(JLPGA)。国内ツアーに予選会の順位で出場しながら優勝者となった笹生は、ここでも規格外ぶりを見せつける形となった。 (塚沢健太郎)

関連ニュース