記事詳細

大谷翔平19号!単独2位 今季18度目マルチ、盗塁も10個目

 エンゼルスの大谷翔平(26)は16日(日本時間17日)、敵地でのアスレチックス戦に「2番・指名打者」で出場。2回に2試合連続となる19号ソロ本塁打を右翼二階席に放ち、ア・リーグホームランダービーでは単独2位。さらにバント安打、今季10個目となる盗塁も決め、4打数2安打、1打点と気を吐いた。試合は4-8で敗れ3連敗で借金2。翌17日(同18日)は投手として負けられないマウンドに上がる。

 相手先発は左腕、コール・アービン(27)。2回2死走者なしで迎えた第2打席。初球、84マイル(135キロ)のスライダーが真ん中に入ってくるのを見逃さず、完璧に振り抜くと、打球は右翼スタンドへ一直線。アービンも打たれた瞬間それと悟り、下を向いた。

 スタットキャストによると、打球初速は110・9マイル(178・6キロ)。角度30度で435フィート(132メートル)。19号はア・リーグホームランダービーでトップを走るゲレーロJr.(ブルージェイズ)の22号に次ぐ単独2位。メジャー全体でも3位となった。

 さらに4-1で迎えた5回先頭で打席に立つと、今度は三塁線にシフトを破る完璧なバント安打。1死後に二盗を決め、相変わらず勝利に貪欲なプレーをみせた。2試合連続本塁打は今季3度目、マルチ安打は今季18度目となった。

 しかし、この日も味方投手陣が持ちこたえることができなかった。先発キャニングは5回を3安打2失点と好投したものの課題のブルペンがまたも炎上。2番手右腕ワトソンが6回に長短5安打を浴び、1死も取れず降板。救援もピリッとせず、この回一気に6点を失い4-8と逆転された。

 大谷は翌17日、本拠地でのタイガース戦で3勝目を懸けてマウンドに上がる。チームの4連敗は阻止しなければならない。

関連ニュース