記事詳細

松山英樹に“珍質問” 「日本でマイケル・ジョーダンのようなヒーローになったと思うが…」 17日開幕全米OP公式会見

 男子ゴルフの全米オープンが17日から、米サンディエゴのトーリーパインズGCで始まる。メジャー2勝目を狙う松山英樹(29)は16日(日本時間17日)、「マスターズチャンピオン」と紹介され公式会見に登場。米メディアからは「マイケル・ジョーダンと比べて、日本で(の人気は)どうか?」と珍質問が飛ぶ場面もあった。笹生優花(19)も全米女子オープンで優勝し、日本勢の男女全米制覇に期待がかかる。

 --コースの印象は

 「ラフが毎年1月(ファーマーズ・インシュランス・オープン)でやっているときに比べたら、芝質が違う。グリーンは少し硬くなっているので、とてもタフな戦いになると思う。警戒していかなければいけない」

 --マスターズチャンピオンとして自信はあるか

 「いいプレーができればチャンスがあると思う。3日目にチャンスがある位置で終われるように頑張りたい」

 --他の試合と全米オープンの違いは

 「1打1打がすごく大事になる。ティーショットをミスすれば、その後は頑張ってフェアウエーに出したり。ボギー以上にならないように攻めるのが大事になってくる戦い。そこを冷静に判断したい」

 --メジャーチャンピオンになって、日本でマイケル・ジョーダンのようなすごいヒーローになったと思うが、どういう気持ち

 「そんなすごいプレーヤーだと思ってないですし。これから先、もっと頑張って、もっといいプレーヤーになって、優勝もたくさんしたい。そうなれるように頑張りたいという気持ちしかない」

 --日本では今までと違うか

 「今までとは違うけど、それはうれしい誤算だと思うので。この試合もそうですけど、毎試合頑張って、もっとそういうことが増えるように頑張りたい」

 初日の松山は、前年度優勝のブライソン・デシャンボー(米)、昨年の全米アマで優勝したタイラー・ストラファシ(米)と同組でスタート。2年連続6度目の出場となる石川遼(29)は10番からスタートする。

 東京五輪代表(2人)は同大会後の21日に発表される世界ランクをもとにした五輪ゴルフランキングで決定する。松山(15位)は確定で、残る1枠は世界ランク78位の星野陸也が濃厚だが、石川(145位)、浅地洋佑(336位)にもわずかに逆転出場の可能性が残されている。

関連ニュース