記事詳細

【勝者のワザ】青木瀬令奈 サントリーレディスオープン優勝 飛距離をカバーする「腕を使わない技」 トップに腕とクラブを置いて腰と肩を回し切る (1/2ページ)

 飛ばなくても勝てる! 青木の逆転優勝は、飛距離不足を嘆く多くのアマチュアゴルファーにとっての光明となったのではあるまいか。

 飛距離のハンデをカバーするのは、曲げない技とクラブセッティングにある。

 青木の技は、こうだ。「ダウンスイング以降は腕、手を使わないこと」。トップスイングまでは、それが主役ではないが、腕、手を使う。トップスイングが決まったら、あとはフィニッシュまで思い切って体をフルターンさせる。腕、クラブは、その動きについてくる。

 青木は「トップスイングの位置に腕、クラブを置きっぱなしにして、腰と肩をその場でクルッと回し切る」のがポイントだという。そうすると「切り返しのタイミングがずれないし、勝手に間ができて、そこからクラブヘッドが引っ張られるように動き出し、加速していく。自分の中にあるのは、そんな感覚です」と言葉を加える。

 飛ばしたくて、腕を使いたくなる。あるいは、体のターンが不足して腕を使わないとボールに当たらないような気がしてしまう。どちらも、飛距離不足をカバーすることにはならないし、むしろそこに曲がる要素を付け加えてしまっている。「ダウンスイング以降は、腕を使わない」と自分に強く言い聞かせて練習してみることをお勧めしたい。

関連ニュース