記事詳細

3戦連発!エンゼルス・大谷、両リーグ単独トップ27号 キング弾に「なんてことだ」 (1/2ページ)

 エンゼルスの大谷翔平(26)は29日(日本時間30日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発。第2打席に3試合連続となる27号ソロ本塁打を右翼スタンドに打ち込んだ。今月12本目で両リーグ単独トップに立った。二刀流で比較されるベーブ・ルースの本拠地ヤンキースタジアムでの豪打連発。敵地のスタンドからは恐れおののいたように前日に続いてどよめきが起きた。

 2-5とリードされた3回1死。3ボール1ストライクからの5球目だった。88・2マイル(142キロ)の外角低めのチェンジアップを泳ぎながらもすくい上げると、ライナー性の打球が右翼スタンドに飛び込んだ。

 中継のテレビ局は「サヨナラだ。なんてことするんだ」。

 相手先発は右腕、ジェイムソン・タイヨン(29)。1回の第1打席は内角高めの速球93・4マイル(150キロ)に詰まって右飛だったが、2打席目は変化球に完璧に対応した。