記事詳細

「平成の怪物」松坂大輔が現役引退 昨夏に首の手術も回復せず 日米通算170勝 (1/2ページ)

 日米通算170勝の西武・松坂大輔投手(40)が現役引退を決断した。横浜高時代に甲子園を春夏連覇し、プロでも数々の栄光に彩られた「平成の怪物」は、昨夏に受けた首の手術の経過が思わしくなく、マウンドに再び立つ思いに終止符を打った。

 23年の現役生活を続けた肉体は、すでに限界に達していた。松坂は5日、渡辺久信GM(55)ら球団首脳に現役を退く報告を済ませたという。決断の要因は、昨年7月に首の痛みと右手のしびれを取り除くために受けた、脊椎内視鏡頸椎手術から思うように回復しなかったことだ。

 親しい関係者は「実戦登板には再度の手術が必要と言われたと聞いた。再手術には体が耐えられるか保証がない。来年で41歳という年齢を考え、ここが潮時と決めたようだ」と代弁する。

 14年ぶりに西武に復帰した昨年の登板は開幕前の練習試合の1度のみ。術後は実戦に出られないままずシーズンを終えたが、渡辺GMは「ファンの皆さんも待ち望んでいると思うし、メットライフドームに戻ってきてもらいたい」との思いもあり契約を更改した。

 今春も2軍キャンプには参加したものの、本隊から離れて軽めの別メニューに終始。開幕後は通院する医院や本人が契約しているジムでのリハビリに専念してきた。2軍施設で練習する段階にも達せず、球団側が望んでいた若手の手本にもなれない状況が続いていた。

関連ニュース