記事詳細

スペイン撃破、イタリア2大会ぶり決勝進出 サッカー欧州選手権

 サッカー欧州選手権は6日(日本時間7日)、ロンドンで準決勝が行われ、イタリアが1-1からPK戦の末にスペインを破り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。

 前半からボールを支配したのはスペインだったが、均衡を破ったのはイタリア。後半15分にGKドンナルンマから始まったカウンターを一度はカットされるも、こぼれ球をFWキエーザがエリア左から美しい弧を描くシュートをゴール右隅に決めて先制した。

 イタリア伝統の鉄壁の守備に手を焼いたスペインも後半35分、中央でFWダニ・オルモとのワンツーで抜け出したFWモラタがゴール左へ決め同点。その後は両チームともに見せ場を作るも、得点は生まれずPK戦へ。

 ここで輝いたのが、イタリアの先制点の起点にもなったGKドンナルンマ。196センチの巨体が放つ威圧感と的確な読みでモラタのシュートを止めるなど、PK戦4-2の勝利を呼び込んだ。

 弱冠22歳で世界最高の呼び声が高い守護神は、実は現在は無所属でいわば“無職状態”。今季までイタリア1部ミランのゴールを守っていたが、年俸の高騰がネックとなり、チームは退団やむなしと判断した。今大会は獲得を検討するクラブから巨額を引き出す、格好のアピールの場だ。

 イタリアは今大会中に82年ぶりに塗り替えた無敗記録を、これで「33」まで伸ばした。11日(同12日)の決勝では、イングランドとデンマークの勝者と対戦する。

【PR】UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信! >>詳しくはこちら

関連ニュース