記事詳細

引退の松坂が憧れた桑田氏がエール「まだ5回が終わったところ。人生の勝利投手に」 (1/2ページ)

 今季限りでの現役引退を表明した西武・松坂大輔投手(40)にとって、同じ甲子園優勝投手から高卒ドラフト1位で背番号「18」を背負った憧れの存在が、巨人・桑田真澄チーフ投手コーチ補佐(53)だ。かつて「KK世代」を担ったエースは、その系譜を引き継いだ「松坂世代」のエースをねぎらい、「まだ5回が終わったところ。人生の勝利投手になって」とエールを贈る。 (塚沢健太郎)

 松坂はプロ入りの際に西武のエースナンバー「21」を提示されたが、「18」を選んだ。これは当時巨人のエースだった桑田氏が背負っていたからだ。松坂が着けたことで、「18」は巨人だけでなく球界全体のエースナンバーとなった。

 その松坂が23年のプロ生活に幕を引く。桑田氏は「同じ甲子園優勝投手で、(右肘の)トミー・ジョン手術をやって。似ているところが多いので、陰ながら応援していたから寂しい気持ちはある。残念だけど本人が決断したんだから。最後はケガとの戦いで苦しかったと思う」としみじみ。「引退しても、まだ5回が終わったところだから。人生の勝利投手になれるように頑張ってもらいたい」とはなむけの言葉を贈った。

 2007年はパイレーツとレッドソックスで、ともにメジャーのルーキー。フロリダ春季キャンプ中に食事をともにし、翌08年には引退を決めた桑田氏がサンフランシスコで直接、松坂に報告した。09年1月には第2回WBC出場を控えた松坂と、引退直後の桑田氏が合同自主トレを行った。

関連ニュース