記事詳細

アルゼンチン28年ぶりV メッシ歓喜の涙 サッカー南米選手権

 サッカーの南米選手権は10日(日本時間11日)、リオデジャネイロで決勝が行われ、アルゼンチンが前回王者ブラジルを1-0で破った。前半22分にロングパスで抜け出したMFディマリアがループシュートを決め、後半はブラジルの反撃をしのいだ。1993年以来15度目の優勝で、ウルグアイと並ぶ大会最多。

 優勝の瞬間、アルゼンチン代表歴代最多151試合目の出場で悲願を果たしたFWリオネル・メッシ(34)は座り込んで顔を覆い涙。仲間の胴上げで宙に舞った。スペイン1部バルセロナで数々の栄冠に輝きながら、2005年のA代表入りから国際大会のタイトルと縁がなく母国で非難され代表引退に傾いたことも。今大会は全試合フル出場で4得点、5アシストと大車輪の活躍だった。

関連ニュース