記事詳細

コロナ辞退から一転、米子松蔭が出場へ 甲子園鳥取大会、不戦敗取り消し

 鳥取県高校野球連盟は19日、学校関係者の新型コロナウイルス感染を理由に夏の甲子園鳥取大会出場を辞退した私立米子松蔭高について、出場を容認すると発表した。同校が不戦敗となった17日の試合結果を取り消し、21日に再試合を行う。辞退を受けて「かわいそうだ」と救済を求める政治家やインターネット上の意見が相次いでいた。

 米子松蔭高は春季鳥取大会を制した強豪校。17日の第1試合に出場予定だったが、16日深夜に学校関係者の陽性が判明。翌17日朝に全野球部員の陰性を確認したものの、保健所から学内でどれだけ感染が広がっているか判断できないと伝えられ、辞退を決めた。

 無情の幕切れに18日、西村虎之助主将(3年)は自身のツイッターで「必死に練習してきました。試合もできずに、このまま終わってしまうのは、あまりに辛いです。何とか出場する道を模索していただけませんか」などと悲痛な訴え。一転の救済措置を受けてこの日、「皆さんのおかげで僕達は大会に出場することが出来ました。感謝してもしきれません。多くの方々の声援を胸に感謝の気持ちを忘れず試合に臨みたいと思います」などと投稿した。

「高野連と政治家たちはアホ、ボケ、カスの極みや!」橋下氏、米子松蔭のコロナ辞退で猛批判 主将の悲痛な叫びに呼応