記事詳細

中止か地獄絵図か サッカー男子初戦で大混乱! 南ア代表3人感染、21人濃厚接触 (1/2ページ)

 23日の開会式を待たず、乱気流に巻き込まれてきりもみ状態の東京五輪。サッカー男子では、日本代表が22日の1次リーグ初戦(東京・味の素スタジアム)で対戦する南アフリカ代表が、新型コロナウイルスの大パニックに見舞われている。3人の陽性が確認され、21人に上る濃厚接触者の大部分も選手だという。感染が拡大して試合が開催できない、あるいは開始後にピッチに立てる選手が減り続けて試合が成立しない可能性も浮上。このざわついた空気に警告を発するのは、日本代表オーバーエージ(OA)枠のMF遠藤航(28)だ。主将を務めた前回リオデジャネイロ大会の初戦でも、試合直前まで開催地に現れず騒ぎになった相手に、日本は苦汁をなめている。

 変異株にも名前を冠された南アフリカは、今月3日に過去最多3万6485人の新規感染者を出したばかり。来日した選手団が選手村に入ってから受けた検査で、3人の陽性者が出ても大会組織委員会は詳細の公表を控えたが、海外メディアは容赦なかった。ロイター通信やBBCなどによると、DFジェームズ・モニャン、MFカモヘロ・マーラツィの選手2人と、ビデオアナリストのマリオ・マシャ氏がいずれも高熱を出し、唾液検査と鼻腔検査で陽性判定を受けたという。

関連ニュース