記事詳細

「金」予想27個 五輪競技スタート 前回大会を大幅に上回る60個以上のメダルラッシュに 海外大手通信社が分析 (1/2ページ)

 東京五輪のメダル獲得数を巡る海外大手通信社、分析会社の予想が出そろってきた。開催国の日本は前回2016年リオデジャネイロ大会の過去最多41個を大幅に上回る60個以上のメダルラッシュが見込まれ、金メダルも過去最多16個から倍増に迫る勢いだ。

 スポーツデータの分析、提供を行う米国の専門会社「グレースノート」は20日、東京五輪のメダル予測を更新した。獲得総数で首位は米国の96個(金40銀27銅29)。2位ロシア(今大会は個人参加扱い)の68個、3位中国の66個に次いで、日本は4位の60個(金26銀20銅14)と予想した。開幕100日前の4月14日時点では、日本の総数はほぼ横ばいの59個(金34銀16銅9)と予想されたが、大部分の競技が無観客開催となった影響か、金メダルの数が目減りする形となった。

 一方、AP通信が19日に発表した予想では、日本のメダル獲得総数は69個(金27銀25銅17)だ。ただし、金メダル候補とされた男子50キロ競歩の鈴木雄介は故障で6月に出場辞退を表明しているため、実質は同競技で銀メダルと予想された川野将虎が金に繰り上がり、総数は68個となる。

関連ニュース