記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】出産後の“復活優勝”おめでとう、舞衣子ママ GMOインターネット・レディース (2/2ページ)

 優勝争いというプレッシャーは、さまざまな悪さを仕掛けて来る。思うように体が動かなくなるほかに、アドレナリン効果でいつも以上に飛ぶこともある。若林は前者であり、野澤は後者によるミスだ。野澤にあえて言っておこう。「パンチショットはラインを出しやすいが、スピンはそれほど掛からないんだよ」。若林は前ホール同様の寄せは打てず、ピンを大きくオーバー。プレッシャーにやられ、パーセーブした野澤に並ばれながらも、プレーオフでは開き直れたようで、ようやく優勝を手にした。おめでとう、舞衣子ママ。

 「不調の兆しがあるものの、必ず復調する」と俺が予言していた稲見萌寧は、最終ホールでのバーディー奪取で4位タイ・フィニッシュ。スイングが好調時に戻っていた。ダウンスイングでの上体の起き上がりが抑えられていたことで、東京五輪での活躍も期待できそうで何よりだ。 (構成=フリーライター・伝昌夫)