記事詳細

渋野日向子、9打差32位で予選通過 18番で痛恨ダボ 国内女子ゴルフ

 国内女子ゴルフ「大東建託・いい部屋ネットレディス」第2日(23日、北海道・滝のCC=6578ヤード、パー72)

 21位から出た渋野日向子(22)が3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの通算2アンダー。首位の全美貞と9打差の32位で予選を通過した。

 10番までの3つのパー5ですべてバーディーも、13番で痛恨の3パットをたたきダブルボギー。「後半の途中まではいい流れだった。18ホールの中では1番難しいホールでダボを打ってしまって、そこからなかなか流れを戻すことができなかったので、すごく悔しかった」と振り返った。

 渋野は2年ぶりの北海道上陸。初日には「風は冷たいので、日傘を差せばかなり楽でした」と明かしたが、ビッグスコアを出してギャラリーを沸かせたいところだ。