記事詳細

【最先端アマチュアスイング】前へならえスイング 低い球を打つのも有効な練習のひとつ (1/2ページ)

 インパクトを手で合わせないようにするためには、下半身の動きだけでハーフショットをする練習が有効ですが、もうひとつ、やっておいてほしいメニューがあります。それは、低い球を打つ練習です。

 ボールを打つとなると、ショートアイアンやウェッジだとどうしても球をすくい上げたくなるものですが、そうすると手を意識した打ち方になってしまいます。また、すくうような打ち方は、エネルギーの伝達という点に関しても、力が逃げてしまうので有効とはいえません。

 やることは簡単です。ただ低い球を打とうとすればいいだけです。

 ただ、普段ヘッドで円を描こうと思っている人は、なかなか思うように低い球が打てないかもしれません。そういう人は、クラブを丸く動かすのではなく、ヘッドの重みがシャフトを伝わってグリップのほうに流れていくようなイメージで、そのままクラブをインパクトに向かって動かしていきましょう。そうすれば下半身もスムーズに回り、ハンドファーストがキープできるのでボールが浮くことはありません。