記事詳細

高砂部屋クラスター発生、朝乃山など計7人がコロナ感染

 日本相撲協会は27日、高砂部屋の大関朝乃山(27)と師匠の高砂親方(39)=元関脇朝赤龍、幕下以下の力士5人の計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今後は保健所の指示に従い、入院の対応や濃厚接触者の調査を行う。

 幕下以下の力士1人に発熱と倦怠感があり、26日のPCR検査で陽性が判明。27日に同部屋の力士らが検査したところ、新たに朝乃山や師匠の感染が分かった。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「残念なことにクラスターが出てしまいました」と説明。「例えば里帰りした者はPCR検査を受けて(部屋に)入ることになっている。休みに入って1週間たっているから。発症には2-3日かかるらしいですから。こっち(東京)に帰ってきてからなのか、どうなのかはわからない」と経路は不明だという。18日に名古屋場所が終わり東京は緊急事態宣言下だが、協会は「行動緩和期間」として帰省なども認めている。

 相撲部屋では幕下以下の力士が大部屋生活をしているため、クラスター発生のリスクは高い。これまでも玉ノ井部屋で24人、九重部屋で14人、荒汐部屋で11人が集団感染している。

関連ニュース